環境方針

CO2排出量削減

企業活動による環境への負荷を考慮し、エネルギーの効率的な利用を実施しています。 研究所内のエネルギーは化石燃料を使用せず、全て電気でまかなっています。 無駄なエネルギー消費を抑えるために機器の効率的な使用に務めています。 立地の関係上、通勤には自家用車が便利ですが、私たちは可能な限り公共交通機関の利用を推進しています。これは環境対策と共に心身の鍛練にもつながり、「環境と共に生きる企業活動」を標榜する私たちにとって意義あるものと考えています。

廃棄物削減

 

樹脂製品のマテリアルリサイクルを実施しており、再利用できないゴム・樹脂製品や材料はサーマルリサイクルとしています。また、ゴム製品や加硫ゴム材料におけるケミカルリサイクルの研究も一つのテーマとして検討しています。

廃棄物削減

廃棄物削減

 

電子媒体の活用

ペーパーレス化を推進しており、紙への印刷は必要最低限とし、PCの活用と電子媒体への保存・保管を実施しています。
年間開発テーマや依頼試験の報告書は、全て電子媒体で実施しています。

○○○○